滝山研究室ではミクロサイズ有機物結晶をの創製する上において、核形成誘導体(核化トリガー)として鋳型化された結晶を用いる方法を報告した。グリシン(アミノ酢酸)の過飽和溶液中にロイシン(アミノ酸の1種)の鋳型をいれた後の時間は、形成されるグリシン結晶のサイズ分布と深い関わりがあることがわかりました。核化トリガーを用いて核形成を制御することによって、サブミクロン(0.1~1 μm)サイズの結晶を得ることができました。この技術は製薬やファインケミカルの分野で利用されることが期待されます。

詳しくはJournal of Crystal Growthをご覧ください。

3

Production of high quality organic micro-crystals by using templated crystallization as nucleation trigger

Takiyama research group developed a method to produce organic micro-crystals by using templated crystallization as nucleation trigger. The nucleation time after the template interface was introduced into the supersaturated solution was important for controlling size distribution. Immediately after the nucleation was induced by the nucleation trigger, submicron-order (0.1 – 1 micrometer) particles was obtained. This method was expected to be used in pharmaceuticals or fine chemicals.

For further reading :Journal of Crystal Growth