徳山研究室レンゴロ研究室との共同研究)は、ハイドロゲルビーズ(N−イソプロピルアクリルアミド)の新たな製造方法を発表しました。プレゲル(前駆体)の液滴が落ちる間に起こるプレゲル液滴のフリーラジカル重合を利用し、プレゲル水溶液を高電圧の適用と一緒にノズルを通してシリコーンオイルに入れることで作成が可能です。ノズルの先端から分注する液滴のサイズとハイドロゲルビーズのサイズは一致しました。将来工業化の際に「ゲルの反応」と「分離のプロセス」の操作ステップを減らしてもハイドロゲルビーズの作製が可能になることが考えられます。

詳しくは、Polymer Bulletinをご覧ください。

tokuyama picture 01 tokuyama picture 02


Tokuyama Lab (collaborated with Lenggoro Lab) developed a novel production method of hydrogel beads (model material: N-isopropylacrylamide). Using the droplet of the free radical polymerization which the droplet of “pre-gel” forms at the time of a fall; It is possible by pouring silicone oil through a nozzle with an application of the high voltage to “pre-gel” solution. The size of the droplet to dispense from the tip of the nozzle and the size of hydrogel beads were in the same order. In the future (scaling up, etc.), production of hydrogel beads is enabled without doing much attention for the reaction of gel and separation process.

For further reading: Polymer Bulletin

東京農工大学・化学システム工学科からの研究:Research Topics from TUAT Chemical Engineering