2桜井研究室は構造体触媒を担持したマイクロリアクターを発表しました。構造体触媒というのは触媒をマイクロ分割(MP)した触媒であり、触媒プレートに穴をあけてそれをひれ状に加工させたものです。反応におけるMP触媒の影響を調べるために、メタノールの水蒸気改質を行った結果、従来のプレート触媒より、MP触媒の方が高い反応率を示しました。ひれの方向性は反応率を向上させるために考慮する必要があるポイントです。

メタノール水蒸気改質は水素社会を実現可能なものとするための重要な技術であり、本研究成果は水素を生産する上でより効率的な生産を可能にされるとして期待されている。

詳しくはJournal of Flow Chemistry(Open Article)をご覧ください。

1

Sakurai research group: The structured catalyst has micro partition(MP), which has fins on the plate with holes. To demonstrate the influence of MP on reactivity, the methanol conversion for steam reforming was measured. The MP structured catalyst demonstrated higher reactivity for methanol than the conventional plate-like catalyst. Moreover, it was shown that the direction must be taken into account for improving the reactivity.

Steam reforming of methanol technology is important to support the hydrogen society in the future. MP micro-reactor expected that more effective production is enabled in producing hydrogen.

For further reading : Journal of Flow Chemistry(Open Article)

東京農工大学・化学システム工学科からの研究トピックス:
Research topic from TUAT Chemical Engineering