レンゴロ研究室では、気中に浮遊する帯電微粒子の沈着挙動と固体表面のあるサイトの親水性「程度・レベル」との関係を調べました。帯電微粒子は、高い親水性サイトに多く沈着することが明らかになりました。「負」に帯電した親水性サイトと「正」に帯電した微粒子との間の相互作用が、微粒子の沈着挙動において重要な役割を果たしていることが見いだされました。この研究は、大気環境中に浮遊する粒子(PM2.5等)を効率よく捕捉・固定化できる基板表面の設計のみならず半導体等の先端材料プロセスにおけるクリーン化とプロセスの高度化への応用が期待されます。

詳しくは、Journal of Aerosol Scienceをご覧ください。

Schematic diagrams showing the mechanism of particle deposition on the treated (T) and untreated (UT) substrates in the (a) presence and (b) absence of a dryer system based on silica gel beads

More: in English….

Wuled Lenggoro Group has investigated the effect of the hydrophilicity of a metallic substrate on the deposition behavior of charged particulates (aerosols) derived from spraying droplets. They found that using a single substrate with different hydrophilic levels (sites) as deposition targets, more particles were deposited on the site with higher hydrophilicity than on that of the lower one. This research is useful to design a surface to capture/immobilize the particles (PM2.5, etc.) suspended in the gas phase efficiently.

For further reading: Journal of Aerosol Science

東京農工大学・化学システム工学科からの研究トピックス:
Research topic from TUAT Chemical Engineering