細見・寺田研究室は、非生物ハイブリッド反応を組み込んだN2Oモデルを新たに開発しました。本研究では、中性付近のpHで発生するヒドロキシルアミンと亜硫酸との反応による非生物学的N2O生成をモデル化するために必要なパラメータを回収するために部分的硝化中に得られるバッチデータを分析しました。バッチデータ分析は、非生物学的N2Oの発生率は生物学的寄与よりも著しく高いこと及び、ヒドロキシルアミン濃度減少として非生物的プロセスからの相対的寄与が増加することを示しました。開発されたモデルは、亜硝酸が蓄積させられている部分的硝化システムからのN2O排出量推定値を大幅に改善することが期待されます。

詳しくはChemical Engineering Journalをご覧ください。第一著者は、米国空軍工科大学からの客員研究者。

1-s2.0-S1385894715009493-fx1

Hosomi-Terada research group newly developed N2O model incorporating abiotic hybrid reaction. This research analyzed batch data taken during partial nitrification to retrieve the parameters needed to model abiotic N2O production due to reactions between hydroxylamine and nitrite occurring at circum-neutral pH. Analysis of batch data showed that the rates of abiotic N2O generation were significantly higher than the biological contribution, and that the relative contribution from abiotic processes increased as the hydroxylamine concentration decreased. The developed model is expected to significantly improve N2O emissions estimates from partial nitrification systems in which nitrite is forced to accumulate.

For further reading : Chemical Engineering Journal. The first author is a visiting scholar from Air Force Institute of Technology (USA)

東京農工大学・化学システム工学科からの他の研究トピックス
Other Research Topics from TUAT Chemical Engineering