Topic【水処理】活性汚泥を減少させる方法. Method to decrease activated sludge.

5

当学科から高圧噴射装置 (HPJD)を用いた微生物細胞の破壊と不溶性有機化合物の放出に関する論文が発表されました(Biochem. Eng. J.)。HPJDを用いた微生物細胞や有機化合物に対する処理は、活性汚泥を減少させる方法として注目されています。
More/in English…
特にHPJDの圧力を変化させた場合の影響を考察し、回分式処理の頻度や活性汚泥中に含まれる大腸菌と枯草菌の細胞が崩壊されるときの注入率について検証しました。HPJDの注入率を1よりも3にするとより性能が高いことがわかり、また大腸菌や枯草菌からトリプトファンやチロシンといったアミノ酸が放出されることを同定しました。

この研究は浄水場などで用いられる活性汚泥のより効率的な利用へと貢献します。

We reported (Biochem. Eng. J.the performance of a high-pressure jet device (HPJD) that destroys bacterial cells and releases dissolved organic matter (DOM). HPJD treatment attracts attention as a method to decrease activated sludge. Specifically, they investigate the effects of pressure, repeated batch treatment, and injection ratio on the disintegration of Escherichia coli and Bacillus subtillis cells. In addition, tryptophan- and tryrosine – that are amino acids were released from E. coli and B. subtilis cells.

This study contributes to the use of more effective activated sludge at water purification plant.

【文責:RS 学部学生】

東京農工大学・化学システム工学科からの他の研究トピックス
Other Research Topics from TUAT Chemical Engineering