>>> 進路に関する最新情報 ⇒⇒Newest Information of Alumnithree_people

学部を卒業した後は、より高度な専門知識と研究能力を身につけたいという学生が増えています。そのため、学部卒業生の多くは、本学大学院工学府 応用化学専攻 システム化学工学専修生物システム応用科学府(BASE)をはじめ大学院へ進学しています。大学院博士課程は、前期2年(修士課程)と後期3年(博士課程)に分かれており、修士課程修了後、さらに研究を深めるために後期博士課程に進むことができます。

button-light-green

学部・大学院修了後は、多くの人が企業に就職をしています。

学部卒業および博士前期課程(マスター)修了生の10年間の就職先を示します(1995-2014年度、博士後期課程修了生を除く)。

学部卒業・博士前期課程修了生の就職先(10年分、1994-2014年度)
学部卒業・博士前期課程修了生の就職先(1995年度-2014年度)

button-light-green

化学工学の就職について(参考資料、外部サイト)

【記事】化学業界で熱望されている「化学工学」:doda.jp (化学業界専任キャリアコンサルタント)

【米国のデータ】Salary Survey in USA (2012)
spotlight-0403-top-paying-majors