【中高生向け】持続可能な社会を実現するには?(その2)For high school students: Sustainability (Part 2)

第2回「持続可能なエネルギー社会と再生可能エネルギー」 (文責:学部3年生)

▶持続可能なエネルギー社会実現のために必要なことは「石炭の高効率化」だけなの?

持続可能なエネルギー社会を実現するためには、「再生可能エネルギー」の大幅な利用拡大も必要不可欠です。

 

▶「再生可能エネルギー」って何?

「再生可能エネルギー」とはエネルギー源として永続的に永続的に利用できるエネルギーのことで、太陽光・風力・水力・地熱・地熱・その他自然界に存する熱やバイオマスがこれにあてはまります。限りある資源である化石燃料と違い、「再生可能エネルギー」は資源が枯渇せず繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しない優れたエネルギーです。

以上のことから「持続可能なエネルギー社会実現」を目指し、化学システム工学科では「藻類からの栄養素循環型燃料生産技術の開発」を行っています。

図2 藻類からの燃料生産全体のシステム設計

続きを読む “【中高生向け】持続可能な社会を実現するには?(その2)For high school students: Sustainability (Part 2)”

SEMINAR: Thermochemical conversion of biomass バイオマスの熱化学的変換 (5/19)

Thermochemical conversion of biomass バイオマスの熱化学的変換

by Naoko Ellis, Ph.D., PEng, Professor
Chemical and Biological Engineering, University of British Columbia, Canada
www.chbe.ubc.ca/profile/naoko-ellis/
Senior Research Director, Carbon Capture and Conversion Institute
http://ccci.cmcghg.com/

続きを読む “SEMINAR: Thermochemical conversion of biomass バイオマスの熱化学的変換 (5/19)”

Topic 【バイオ燃料】高機能化触媒による植物油の水素化: Functional catalysts for vegetable oil

高機能化された触媒によるジャトロファ油由来のn-アルカンの異性化
Isomerization of n-alkanes derived from jatropha oil over bifunctional catalysts

植物油の水素化処理は「再生可能」な輸送用燃料を製造するために注目を集めています。銭研究室は、複数の固体酸担体(酸化物系)および活性金属(Pd,Ni,Ru,Pt)を含む触媒を調製し、(水素化脱酸素化された)ジャトロファ油の水素化転換について検討を行いました。高い転換率およびイソC10–18の生成物の高い収率が達成できる条件も見出しました。

詳しくはJournal of Molecular Catalysis Aをご覧ください。

銭さん

in English/More..