[Topic]温度操作で医療用医薬品を再結晶 Recrystallization of acetaminophen by tempering

1-s2.0-S1226086X15003147-gr4

(文責:学部三回生YS)医薬品結晶の溶解性の改善は、生物学的利用能の強化に必要不可欠です。医薬活性成分であるアセトアミノフェン(ACM)の結晶には安定型のI型と準安定型のII型があります。準安定型のII型は、溶解性の改善だけでなく医薬製剤の特性としても有利です。一方、このII型は製造が難しいため、選択的な製造が重大な問題です。

More, in English (prepared by YS, undergrad. student) … 続きを読む “[Topic]温度操作で医療用医薬品を再結晶 Recrystallization of acetaminophen by tempering”

Topic【医薬品】特定温度プロファイルにおける多結晶構造体 Polymorphism in crystallization with temperature profile

4

滝山研究室は、多結晶構造をもつインドメタシンの非溶媒添加晶析を用いた合成において、温度と添加方法が結晶構造に与える影響について調べました。
続きを読む “Topic【医薬品】特定温度プロファイルにおける多結晶構造体 Polymorphism in crystallization with temperature profile”

Topic【医薬品のプロセス】 テンプレート(鋳型)を用いたミクロサイズ結晶有機物の創製. Production of organic micro-crystals using template

滝山研究室ではミクロサイズ有機物結晶をの創製する上において、核形成誘導体(核化トリガー)として鋳型化された結晶を用いる方法を報告した。グリシン(アミノ酢酸)の過飽和溶液中にロイシン(アミノ酸の1種)の鋳型をいれた後の時間は、形成されるグリシン結晶のサイズ分布と深い関わりがあることがわかりました。核化トリガーを用いて核形成を制御することによって、サブミクロン(0.1~1 μm)サイズの結晶を得ることができました。この技術は製薬やファインケミカルの分野で利用されることが期待されます。

詳しくはJournal of Crystal Growthをご覧ください。

3

Production of high quality organic micro-crystals by using templated crystallization as nucleation trigger
There’s more…in English

Topic【ナノ材料】 四塩化ケイ素からシリコンワイヤーの成長, Growth of silicon wires from SiCl4

稲澤晋准教授は、四塩化ケイ素(SiCl4)を用いた亜鉛還元反応によるシリコンワイヤーの成長過程を連続的に観察する事によって、蒸気−液体−固体成長法(VLS成長法)の「速度」のデータを得ました。シリコンワイヤーの成長についての研究はこれまでにも数多く行われていますが、「速度」に関するデータはこれまでほとんど発表されていませんでした。この研究は、重要な基礎データとして、関連したナノ材料の今後の発展に役立ちます。
** 四塩化珪素は多結晶シリコンの製造工程で発生する「廃棄物」です。

詳しくはJournal of Crystal Growth (2015)をご覧ください。

シリコンワイヤー成長の過程

There’s more…in English