Awards to our staffs. 学会賞(環境・エネルギー分野)複数受賞

亀山秀雄名誉教授が「平成28年度 化学工学会学会賞」を受賞

アルマイト触媒の開発と環境・エネルギー分野への応用技術に関する研究

平成28年度化学工学会学会賞20170411_02KAMEYAMA2

亀山教授は、触媒変換プロセスのエネルギー利用の高効率化を図るアルマイト触媒の開発に長年取り組んでこられた。その研究成果は、伝熱性や軽量性、加工性、通電性にすぐれた各種のアルマイト構造体触媒の創出と、この触媒を用いた省エネルギー化や環境保全・浄化に係わる応用技術の開拓へと展開している。基礎から応用分野にわたる、体系的かつ斬新な研究を推進してきた。そして、新触媒プロセスの創成に関するこれらの学術的成果を学会の論文誌に多数発表している。
“Study on the Development of the Alumite Catalysts, and it’s Applied Technology on the Environment and Energy Fields”
Prof. Kameyama, Hideo

 
>> List of Awards.受賞
 


神谷秀博教授らが「平成28年度 化学工学会技術賞」を受賞

固定発生源からのPM2.5/10排出量計測用バーチャルインパクタの開発と国際標準化に基づく製品化

続きを読む “Awards to our staffs. 学会賞(環境・エネルギー分野)複数受賞”

国際会議で最優秀論文賞(大気中浮遊微粒子の捕集器)。Best Paper Award at International Conference

11 Nov. 2015. BEST PAPER AWARD, 2nd International Conference on Purity, Utility Reaction and Environmental Research, Kuala Lumpur/Malaysia.
Development of a battery-driven passive sampling system for electrostatically trapping atmospheric particles” (by Khairunnisa, Faizal, Fukushima, Gen, Widiatmoko, Lenggoro) = Lenggoro Lab
大気中に浮遊する微粒子(PM1.0)を対象にした捕集器の開発。乾電池を駆使し、携帯性に優れた当装置は室内や個人「曝露」の解析にも役にたつ可能性が高い。

award201511-nisa-malaysiaaward201511-nisa-malaysia-paper

More…詳細に

Topic【気/固の界面】表面の親水性レベルと気中からの微粒子の沈着挙動との関係。Particles from gas-phase go to hydrophilic sites

レンゴロ研究室では、気中に浮遊する帯電微粒子の沈着挙動と固体表面のあるサイトの親水性「程度・レベル」との関係を調べました。帯電微粒子は、高い親水性サイトに多く沈着することが明らかになりました。「負」に帯電した親水性サイトと「正」に帯電した微粒子との間の相互作用が、微粒子の沈着挙動において重要な役割を果たしていることが見いだされました。この研究は、大気環境中に浮遊する粒子(PM2.5等)を効率よく捕捉・固定化できる基板表面の設計のみならず半導体等の先端材料プロセスにおけるクリーン化とプロセスの高度化への応用が期待されます。

詳しくは、Journal of Aerosol Scienceをご覧ください。

Schematic diagrams showing the mechanism of particle deposition on the treated (T) and untreated (UT) substrates in the (a) presence and (b) absence of a dryer system based on silica gel beads

More: in English…. 続きを読む “Topic【気/固の界面】表面の親水性レベルと気中からの微粒子の沈着挙動との関係。Particles from gas-phase go to hydrophilic sites”

Topic【環境技術】高圧噴射による活性汚泥低減. High-pressure jet for activated sludge reduction

細見・寺田研究室では、高圧噴射装置(HPJD)による新しい活性汚泥削減技術を開発しました。40%のばっ気槽混合液浮遊物(MLSS)を減少させる最適値を見つけました。 活性汚泥中の微生物の細胞はHPJDにより損傷し、損傷した細胞または細胞内化合物からの溶出成分は活性汚泥により生成分解されます。エネルギーとMLSSの減少に基づく、活性汚泥削減のコストと性能の評価は、HPJDは従来の技術に比べ費用効果は2倍であり、処理される原料の量は高圧均質化装置より3.2〜7.2倍高いことを示しました。

詳しくはBiochemical Engineering Journalをご覧ください。

hosomiterada

in English/More..

アジア・エアロゾル会議で最優秀ポスター発表賞: Asian Aerosol Conference: Best Poster Award

poster Kusdianto
2015/6: Best Poster Award at 9th Asian Aerosol Conference (第9回アジアエアロゾル会議)最優秀ポスター発表賞

Insertion of colloidal particles in the pores of a honeycomb structure via an aerosol route…気中に分散した液中微粒子のハニカム型多孔質体細孔内への沈着 (Kusdianto, Gen, Tsukada, Lenggoro)

More…詳細に

2013 Kanji Takahashi Award, 高橋幹二賞 (in Aerosol Science & Technology)

2013 Kanji Takahashi Award

2013 Kanji Takahashi Award (from Japan Association of Aerosol Science and Technology) for a paper:
Measurement of Model Aerosols Containing Two Metal Components Formed via Cooling and Dilution Routes,
Naoya HAMA, Yukie TAKASHIMA, Masao GEN, Mayumi TSUKADA, Hidehiro KAMIYA and I. Wuled LENGGORO
Journal of Aerosol Research, エアロゾル研究, 26, 277-285 (2011).

More… 続きを読む “2013 Kanji Takahashi Award, 高橋幹二賞 (in Aerosol Science & Technology)”