4

滝山研究室は、多結晶構造をもつインドメタシンの非溶媒添加晶析を用いた合成において、温度と添加方法が結晶構造に与える影響について調べました。

インドメタシンは3種類の結晶構造(α型、α’型、γ型)を持つ物質です。合成する方法として、アセトン中で合成したあと、非溶媒であるヘプタンを加えることでインドメタシンを結晶化させ、高い収率で得る方法があります。しかし得られたインドメタシンには複数の結晶構造のものが混在しています。そこで4種類の方法でヘプタンを添加し、γ型結晶のみを作成することに成功しました。 この発見は高い収率で目的物を合成する必要がある、医薬品の分野などでの応用が期待されます。

詳しくはJournal of Crystal Growthをご覧ください。

文責:R.S. (undergraduate student, 学部生)

In English…
Takiyama Lab investigated the synthesis of indomethacin with many crystal structures by the anti-solvent addition. Because one cannot get a γ-form crystallization selectively, it is necessary to investigate the influence of temperature and addition methods on crystal structure. The experiments were carried out using four different kinds of addition methods, and succeed to synthesize γ-form indomethacin only. The futher application is expected in the field of chemical medicine.

In detail : Journal of Crystal Growth

東京農工大学・化学システム工学科からの他の研究トピックス
Other Research Topics from TUAT Chemical Engineering